Googleアシスタント操作対応範囲

Googleアシスタントは「ダイレクトアクション」と「カンバセーションアクション」の2種類に分かれています。カンバセーションアクションを使うとエアコンの温度やテレビのチャンネル設定など細かいことができるようになります。

カンバセーションアクションの場合は「リブスマートを使って」というフレーズをつける必要があります。下記の発話例を参考に、Googleアシスタントに話してみてください。

  

▼ダイレクトアクション

スキル名:LiveSmart

デバイス 操作 発話例
エアコン
電源オン/オフ OKグーグル、エアコンつけて/消して
指定の温度に設定 OKグーグル、エアコンを27度にして
冷房、暖房、ドライ、送風、自動運転 OKグーグル、エアコンを冷房にして
テレビ 電源オン/オフ OKグーグル、テレビをつけて/消して
その他登録したデバイス 電源オン/オフ

OKグーグル、〇〇(登録した名前)をつけて/消して

※「自分でリモコンを作る」で作成した場合はルールを作成後にデバイス検出して、ルールとして実行してください。

ルール
複数家電の操作
OKグーグル、〇〇(登録したルール名)をつけて
学習したボタンの実行(ルール登録が必要)

 

ダイレクトアクションの設定方法はこちら

 

▼カンバセーションアクション

スキル名:LiveSmartカスタム

デバイス 操作 発話例
エアコン
電源オン/オフ OKグーグル、リブスマートを使ってエアコンつけて/消して
設定温度 アップ/ダウン OKグーグル、リブスマートを使ってエアコンの温度を上げて/下げて
設定温度 指定の数だけアップ/ダウン OKグーグル、リブスマートを使ってエアコンの温度を3度上げて/下げて
指定の温度に設定 OKグーグル、リブスマートを使ってエアコンを27度にして
運転切替(冷房、暖房、ドライ、送風、自動運転) OKグーグル、リブスマートを使ってエアコンを冷房にして
テレビ
電源オン/オフ OKグーグル、リブスマートを使ってテレビをつけて/消して
チャンネル アップ/ダウン OKグーグル、リブスマートを使ってテレビのチャンネルを上げて/下げて
チャンネル指定 OKグーグル、リブスマートを使ってテレビを1チャンネルにして
音量 アップ/ダウン OKグーグル、リブスマートを使ってテレビの音量を上げて/下げて
音量 指定の数だけアップ/ダウン OKグーグル、リブスマートを使ってテレビの音量を5つ上げて/下げて
消音/消音解除 OKグーグル、リブスマートを使ってテレビをミュートにして
OKグーグル、リブスマートを使ってテレビのミュートを解除

 

カンバセーションアクションの設定方法はこちら



「ショートカット」を使いこなすと、より簡単に操作できます。

通常、「ただいま」というルールを実行する際には、「OKグーグル、ただいまを実行して」と言う必要がありますが、ショートカットを使うことで「OKグーグル、ただいま」や「OKグーグル、帰ったよ」というフレーズに言い換えることができます。

▼設定方法 例):「OKグーグル、ただいま」で「ただいま」のルールを実行する。

  1. Google Homeアプリの右上メニューを押してメニューを開き、「その他の設定」を押してください。



  2. 画面下部までスクロールして、「ショートカット」のメニューを押してください。



  3. 右下の「+」アイコンを押してください。



  4. ショートカット作成画面になります。上部に発話のパターンを入力、下部に変換してGoogleアシスタントに伝える内容を入力します。
    ※「OKグーグル」を入力する必要はありません。

    画面例:「OKグーグル、ただいま」「OKグーグル、帰ったよ」というと、「OKグーグル、ただいまをつけて」と発話した時と同様の動作を行います。

Related Link