【LS Hub】トリガールールの作成

トリガールールとは、タイマーやデバイスの状況変化、位置情報などを元に自動で、複数の家電を一括で操作することができる機能です。

  1. LS本体が繋がっているWi-Fiネットワークに、スマートフォンを接続します。

  2. 「ルール追加」をタップします。



  3. 「トリガー」をタップして、「日付と時刻の選択」、「ロケーション」、「デバイス」の 3つの中からルールの発動条件を選択します。
    各トリガーの条件の詳細は下記をご覧ください。
No 大カテゴリ  小カテゴリ 説明 
1 日付と時刻の選択 指定した日時を指定します。曜日単位での指定もできるので、毎週土日朝7時、平日の23時、という指定の仕方も可能です。
2 ロケーション エリアに入る 半径500m以上の範囲で設定可能です。指定範囲内に入った時にルールが実行されます。
3 エリアから出る 半径500m以上の範囲で設定可能です。指定範囲内の外に出た時にルールが実行されます。
4 デバイス センサー 指定した温度を超えた時や、ドアセンサーの開閉の状態トリガーにして、設定したアクションを実行することが出来ます。
5 カメラ カメラが人体検知、または動きを検知した時にルールが実行されます。

 

その他、ルールの設定方法はクイックルールと同様になります。

クイックルールの作り方

Related Link